エステ業界で役立つ資格を取得しておけば安心

女性に人気のエステ業界は未経験でも活躍できる 女性に人気のエステ業界は未経験でも活躍できる

エステに関して未経験の女性必見!?エステで取得したい資格

エステサロンでは資格を持っていなくても働くことができますが、資格があれば転職時に有利になることは間違いありません。エステ関連には、さまざまな民間資格があります。どのような資格があるか見ていきましょう。

エステティシャンに転職したい女性が持つと便利な資格

認定エステティシャン
一般社団法人日本エステティック協会が認定する資格です。エステティシャンとしての手技はもちろん、人間の生理機能や化粧品の成分、美容機器の扱い方など幅広い知識を持っていることを示します。取得することで一定のスキルの証明になるでしょう。取得には同協会に登録する必要があり、養成学校で300時間以上のカリキュラムを修了後、試験に合格することで資格を得られます。また、働きながら取得を目指す場合は通信教育という方法も可能です。ちなみに上位資格として、認定上級エステティシャンがあります。
CIDESCOディプロマ
ベルギーに設立されてから70年以上の歴史を誇る、国際的なエステのライセンスです。日本には1972年に支部が設立され、現在は「CIDESCO-NIPPON」という名で運営しています。日本のエステ資格よりもハイレベルな点が特徴で、ディプロマを得るには国際認定校で1200時間以上のカリキュラムを修了後試験に合格し、さらにサロンなどで600時間の実務経験を積まなくてはなりません。もしくは600時間のエステ関連の基礎教育を受け実務経験を3年以上積み、試験に合格する必要があります。高度ですが、その分高い実力の証明になるでしょう。
AEA認定インターナショナルエステティシャン
一般社団法人日本エステティック業協会(AEA)が認定する資格です。エステティシャンに必要な基礎的な知識と技術、接客に関するマナーなどを身に付けていることを示します。安全で的確な施術ができる証明になるでしょう。同協会の基礎資格であり、上位資格にAEA上位認定エステティシャン、AEA認定インターナショナルエステティシャンがあります。資格取得には、「認定学校に通う」または、「1年以上の実務経験を積む」という2通りの方法があり、学校の場合は、通学または通信教育で300時間相当のカリキュラムを修了後、試験に合格する必要があります。

転職前に資格を取るために勉強

エステに関する資格を持っているということは、即戦力になる証明になります。エステティシャンとして知識・技術を持っていることをアピールできるので、できれば転職前に取得しておきましょう。  

TOPボタン